みりんってどうやって使うの?「本みりん」の上手な使い方はこの3つ!

みりんは各ご家庭にもあるほど、昔から親しまれている調味料の一つではないでしょうか。なごやめしにも必ずと言っていいほど、みりんは使われています。意外に知られていないみりんについて今回は書いていきます。

みりんの種類

一般的に「みりん」と名前が付いているものはと本みりん、発酵調味料(加塩みりん)、みりん風調味料の3種類あります。値段も原料も作り方もそれぞれ違います。

本みりんはもち米、米麹、焼酎で作られております。
発酵調味料は米、米麹、アルコール、糖類、食塩などで作られており、食塩が入っているので飲めません。
みりん風調味料は糖類、米、米麹、酸味料、調味料などで作られており、発酵の過程をふんでいません。

みりん1
みりん本来の効果を期待したい場合は「本みりん」を使うことをおススメします。

愛知県の碧南市には「本みりん」を醸造している蔵元が何軒かあります。そこで醸造される三河みりんは飲めてしまうほど美味しいものです。さらに昔ながらの技法で仕込み、1年から3年の間熟成した本みりんも醸造されており、その色は濃く、濃厚なコク深い味わいとなっています。

本みりんを使う理由は3つ

理由1 「甘みや旨みを出す」
本みりんに含まれる糖の甘さは、砂糖より自然な甘さのためまろやかな味わいになります。甘さが足りないと感じる場合は、砂糖を加えてご利用ください。その場合は砂糖を先に入れ、次に本みりんを入れると本みりんが食材をコーティングしてまとまりのある味になりますよ。

理由2 「テリ・ツヤを出す」
本みりんに含まれる糖が食材の表面をガードしてくれるのでテリテリの美味しそうな見た目を演出してくれます。

理由3 「臭みを消す」
魚の臭み、肉の臭みをみりんに含まれるアルコールが揮発するときに一緒に軽減してくれて、臭みを目立たなくしてくれます。

本みりんの効果が期待できる料理をご紹介します

みりん2
『魚の照り焼き』にするときは、砂糖、醤油、本みりん、酒をはじめに加熱して砂糖を溶かしてから魚を入れます。そうすることによって魚の余分な臭みは軽減され、ふっくら美味しいに魚が作ることができますよ。

『肉じゃが』に入れる本みりんの役割は甘みをつける、煮崩れさせない、がポイントです。先に本みりんを入れておくことでジャガイモの煮崩れを防げます。テリを出すために料理の後半で少量の本みりんを入れるのもオススメです。

『レンコンのきんぴら』ではやさしい甘みを楽しみたいので調味料は本みりんと醤油のみでOK。お正月の田作りも本みりんと醤油のみでスッキリした甘みに仕上がります。

いかがでしたでしょうか。本みりんは優しい甘みをつけたり、テリをつけたり、魚の臭みを抜いたりと料理をグッと美味しくしてくれますので、ぜひ使ってみてくださいね。


この記事を書いた人:大橋千珠
inst7 名古屋を拠点に活動するフードライター。3児の母でもあり、母親目線で名古屋の食卓を全国に発信。また、大手スーパーにて青果担当、名古屋市中央卸売市場にてレシピや食育担当した経験を持ち、その経験を活かし野菜ソムリエとしても活躍している。